より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

2014年春号

ビターオレンジ1東南アジア原産のビターオレンジ(だいだい)(学名Citrus aurantium amara L.)は今、世界中の温帯から熱帯に広く生育しており、地中海沿岸や西インド諸島などで香料用に栽培され、果実、花、葉から各種の天然香料が作られる。

スペイン、ギニアでは、果実を圧搾して果皮中の精油分を採り出したビターオレンジ オイル(orange bitter oil)は食品香料への需要が多い。南仏、イタリア、チュニジアなどで花を水蒸留して採るネロリ(オイル)(neroli(oil))は、フローラルで柑橘のさわやかな香りで、クラシックなオーデコロンや男性用フレグランスなどの香り作りに重宝される。

中世イタリアのNerola公国の王妃がこよなく愛した事から、オレンジフラワー オイルをネロリと呼ぶようになった。花を溶剤抽出すると、オレンジフラワー アブソリュート(orange flower absolute)が得られ、少量でフレグランス製品の香りを芳醇にし、ネロリとの併用はさらに効果を増す。
摘花後の葉や小枝を水蒸気蒸留して得られるプチグレン オイル(petitgrain bigaradier oil)は、安価で力強い香気を持ち、ネロリの代わりに化粧品、トイレタリー製品などに広く利用される。ネロリの副産物・ネロリ水(Neroli water)は、昔、鎮静剤として多用された。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

第8回 日本フレグランス大賞 結果発表 フレグランスノABC