より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

2013年冬号

シナモン4fotolia_2785543_XSくすのき科シナモン属の植物樹皮の内皮を乾燥させたロール状の芳香物で、肉桂と呼ばれる。利用の歴史は古く、4000年前のエジプト人はすでに知っており、ヘブライ人は聖なる注ぎ油作りに用いたという。

料理や菓子作りのほか、生薬、香料として利用される。

シナモン属はインドから中国にかけての南アジア一帯に育つが、スリランカ、ミャンマー、インド、インドネシアに育つtrue cinnamon(学名Cinnamomum verum J.Presl)の樹皮(bark)が香辛料として品質が高く、生産量も抜群のスリランカ産がとくに有名。長年、産地が秘密にされてきたが、16世紀始めにポルトガルの航海者がスリランカで見つけて以後、欧州列強の利権争奪の元となった。

今では、西インド諸島、ブラジル、マダガスカルなどでも生産されている。樹皮を水蒸気蒸留、ときには水蒸留してCeylon cinnamon bark oilを得る。甘く、スパイシーな香りは、フレーバー用途のほかに、オリエンタル調香水をはじめ、多くのフレグランス製品の特徴を演出している。中国産シナモンはカッシア(cassia)(学名C.aromaticum Nees)と呼ばれ、樹皮は桂皮と呼び、薬用される。樹皮、葉、枝を水蒸気蒸留してCassia oilを得る。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

第8回 日本フレグランス大賞 結果発表 フレグランスノABC