より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

2014年新春号

アンバーグリスマッコウクジラ(抹香鯨)(学名 Physeter macrocephalus L.)の消化器内にできる不定形の蝋状の塊(結石)をアンバーグリス(ambregris)という。これを砕いてエタノールに浸漬し、数年間熟成させて作るアンバーグリス チンキ(ambregris tincture)や、それを濃縮して作るアンバーグリス レジノイド(ambergris resinoid)を動物性原料香料とし、高級フレグランス製品作りに用いる。

甘い、独特の芳香を発する。古典的なフレグランス、とくにオリエンタル調、シープル調には欠かせない原料香料で、少量で全体の香りを引き立たせ、長持ちさせる効果がある。異国の海岸で採れ、燃やすと良い香りがする塊であるとの共通点があったことから、欧州では、松脂の化石である琥珀(amber、ambre)と混同され、鯨の病的分泌塊は通常灰色であるため、これを灰色の琥珀(フランス語でambre +gris(灰色))と呼んだ。

昔はインド洋沿岸に漂着したもの、海上に浮遊するものを入手したが、商業捕鯨が禁止されるまでは、マッコウクジラ体内から取り出すことが多かった。中東地域では早くから強壮薬、媚薬、飲料などに用いられ、欧州でも嗜好飲料や菓子に用いられ、中国では龍涎香と呼び、香薬として重宝された。最近は、上質の合成香料が代替利用されている。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明 

第8回 日本フレグランス大賞 結果発表 フレグランスノABC