より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

2015年 初春号

basilIMG_0484-3熱帯から亜熱帯に生育するしそ科メボウキ属の香り高いインド原産の1年草。花と葉を水蒸気蒸留して精油を得るが、世界各地で種間相互交配が進み、複雑化して純粋品種の保存が難しく、植物学的には、同じOcimum basilicum L. でありながら、化学的に精油成分組成が大きく異なるいくつかのタイプにわかれる。

一つはリナロールが主成分のリナロールタイプで、フランス、北米で主に栽培され、イタリア料理にバジリコの名でよく用いられる。精油はsweet basil oil と称し、フレッシュ、グリーンでスイート、スパイシーな香りで、“Eau Sauvage”など高級フレグランス製品用のほか、食品香料に用いられる。アフリカ東南部諸島産のエキゾチック或いはレユニオンタイプと呼ばれるバジルはメチルチャビコールが主成分で、トイレタリー製品用などに利用される。

他に、スウィート、フルーティな桂皮酸メチルタイプなどがある。バジルは古来、アジア、欧州で料理、薬、宗教儀式に汎用され、水で膨潤した種子のゼリーで目の異物を取り除いたことから目箒(めぼうき)という。バジルのように同種でもタイプにより含有成分も生理学的作用機序も異なる場合、アロマテラピーでは、ケモタイプ(主成分名)として区別している。

 

 

解説

にほひすと&かおりすと

吉原 正明

結果発表 第7回 日本フレグランス大賞 フレグランスノABC