より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

2014年秋号

イランイラン1東南アジア諸島原産の、現地の言葉で「花の中の花」と呼ばれる香りのよい花をつける常緑喬木・イランイランノキ(学名Cananga odorata Safford)がある。

花から芳香を取り出すため、フランスは当時植民地であったアフリカ東南海上のコモロ諸島、ノシベ島、レユニオン島でプランテーションを行った。今、現地では花を傷めないよう注意深く水蒸気蒸留して、イランイラン オイル(ylang ylang oil)を生産している。初めに溜出する軽い上質の香りのextra グレードから、最後に溜出する重い香りのthirdグレードまで4区分され、フレグランス製品用には、アルコールへの溶解度が高いextraグレード品が用いられ、アルページュ(ランバン)などのフローラルブーケ調フレグランスの重要な原料となる。

インドネシアでも、イランイランの花からカナンガオイル(cananga oil)が生産される。花を蒸留釜に詰め込み、直火で水蒸留し、グレード区分もしないため香りは華やかさに欠けるが、男性化粧品用や石鹸用香料調製に利用される。コモロでは溶剤抽出も行われ、花精油はイランイラン アブソリュート(ylang ylang absolute)と呼ばれ、ミュゲ調の高級フレグランス製品用香料に用いられる。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

結果発表 第7回 日本フレグランス大賞 フレグランスノABC