より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

香り植物図鑑

『英国王立園芸協会 香り植物図鑑 花・葉・樹皮の香りを愉しむ』

 

%e3%80%8e%e9%a6%99%e3%82%8a%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%9b%b3%e9%91%91%e3%80%8f%e8%a1%a8%e7%b4%99

2014年9月にロンドンで英国王立園芸協会より出版されたStephen Laceyの著作 "Companion to Scented Plants" を、株式会社セントスケープ・デザインスタジオの小泉祐貴子氏が完全翻訳、2016年8月に柊風舎より出版。

四季折々に漂う植物の香りは驚くほど多く、繊細で香りを発揮する部位や匂いの性質もさまざまです。 本書では1,000を超える香り植物を取り上げ、ガーデニングや街づくりのヒントとなる生育環境や、花・葉・樹皮の色、形、質感などを解説。

緑の空間が、一瞬でいつまでも記憶される場所に変わる香りの魅力にせまります。

 

A4変型判、フルカラー、320頁。

販売価格: 15,000(税別)

ISBN 978-4-86498-038-8

 

 

<訳者談>香り植物をこれだけ多種にわたって、それぞれの香りの特徴まで紹介している本は今まで日本にはありませんでした。私は香水・香料の世界の仕事をするうちに、風景のデザインという分野にも興味を持ち、日本人にとっての「香り風景」を研究対象として環境デザイン分野の博士号を取得しました。私にとってはこの一見かけ離れたふたつの分野の根底にあるものはつながっており、両立するものなのです。この本には私がひごろ講演や講義でお話ししている「香り風景デザイン」につながる、香りを通して空間を見つめるという考え方がよく説明されています。地球の裏側に自分と同じことを同じ時代に考えている人がいる、というのは感動的な驚きで、それがこの大作の翻訳を決心させた大きな要因でした。

 

 

<訳者プロフィール>

香り風景デザイナー。京都造形芸術大学非常勤講師。博士(学術 (環境デザイン分野))。修士(医用工学)。慶応義塾大学・大学院を卒業後、資生堂、フィルメニッヒ社にて、人と香りをテーマに研究、開発、マーケティングを幅広く経験したのち独立。香りの植栽設計、芳香装置による空間演出、香水コンサルタントなど、幅広く香りの可能性を展開している。株式会社セントスケープ・デザインスタジオ代表取締役。 

http://scentscape-design.com/

 

 

 

 

第8回 日本フレグランス大賞 結果発表 フレグランスノABC