より多くの方にフレグランスの魅力を伝え楽しく使っていただくために
日本フレグランス協会はフレグランス業界のメンバー企業により運営されています。

日本フレグランス協会

お問い合わせ

フレグランスフォーラム

香料を知る

2014年新春号

じゃ香2IMG_0820-1動物性香料の代表で、英語でmuskという。

ヒマラヤの南から中国奥地、北はシベリアのバイカル湖あたりまで分布する数種のジャコウジカ(Moschus属)のオスの臍と生殖器の間にある香嚢(Musk Pods)に溜まる麝香腺分泌物。繁殖期に強い匂いを発散させてメスを誘引する。チベットから中国にかけて棲息するジャコウジカからのものが良質で、トンキン地方(ハノイを中心とするベトナム北部一帯)から輸出される麝香はTonkin Muskと呼ばれ、最高級とされてきた。乾燥して得られる黒い粒状物(musk grain)を薬用(興奮、強心などの薬理作用が強い)に供するほか、エタノールでチンキにして香料原料とし、高級フレグランス製品の香りを引き立たせ、持続させる。

昔はジャコウジカを殺し、切り取った香嚢を乾燥させたものが高値で取引されたが、血液凝固物などの混ぜ物もあった。1979年以後、絶滅危惧種としてワシントン条約で捕獲が禁止され、中国では飼育ジャコウジカの香嚢から1回に数十グラムの麝香を掻き出す方法がとられている。

合成のムスク香料が19世紀末から開発され、今では多種類が香水から日用品にいたるまで広範囲に用いられ、香りを生き生きさせ、持続させるのに役立っている。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

2014年新春号

アンバーグリスマッコウクジラ(抹香鯨)(学名 Physeter macrocephalus L.)の消化器内にできる不定形の蝋状の塊(結石)をアンバーグリス(ambregris)という。これを砕いてエタノールに浸漬し、数年間熟成させて作るアンバーグリス チンキ(ambregris tincture)や、それを濃縮して作るアンバーグリス レジノイド(ambergris resinoid)を動物性原料香料とし、高級フレグランス製品作りに用いる。

甘い、独特の芳香を発する。古典的なフレグランス、とくにオリエンタル調、シープル調には欠かせない原料香料で、少量で全体の香りを引き立たせ、長持ちさせる効果がある。異国の海岸で採れ、燃やすと良い香りがする塊であるとの共通点があったことから、欧州では、松脂の化石である琥珀(amber、ambre)と混同され、鯨の病的分泌塊は通常灰色であるため、これを灰色の琥珀(フランス語でambre +gris(灰色))と呼んだ。

昔はインド洋沿岸に漂着したもの、海上に浮遊するものを入手したが、商業捕鯨が禁止されるまでは、マッコウクジラ体内から取り出すことが多かった。中東地域では早くから強壮薬、媚薬、飲料などに用いられ、欧州でも嗜好飲料や菓子に用いられ、中国では龍涎香と呼び、香薬として重宝された。最近は、上質の合成香料が代替利用されている。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明 

2014年新春号

乳香2o_11701-1英語でオリバナム(Olibanum)あるいはフランキンセンス(Flankincense)、フランス語でアンサン(Encens)という。

乳の滴りを想わせる透明感のある乳白から橙色の芳香樹脂で、かんらん科ボスウェリア属植物・乳香樹の樹皮に傷をつけて採取する。
利用の歴史は紀元前古代エジプトに溯り、神聖な薫香、霊薬として用いられ、紀元前10世紀ごろには、アラビア半島南部から西部を経て地中海岸へと繋がる交易ルート“乳香の道”(2000年に世界遺産登録)ができ、繁栄したが、キリスト教からイスラム教世界に代わるとともに廃れていった。今もキリスト教、ユダヤ教の儀式や祭りに焚かれる。イエーメン、オマーン、ベドウインの人たちは来客接待時に香を焚き、集いのあとに香炉で衣服に乳香を焚きしめる習慣がある。中東から東アフリカに生育するBoswellia carterii Birdw. の樹脂が最も一般的で、オマーン、イエーメン、ソマリアに生育するBoswellia sacra Flueck.からの樹脂が最上質。乳香の溶剤抽出品、水蒸気蒸留品はイスラム世界最高級香水の主原料として用いられるほか、オリエンタル調、シトラス調のフレグランス製品用に用いられる。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

2013年冬号

シナモン4fotolia_2785543_XSくすのき科シナモン属の植物樹皮の内皮を乾燥させたロール状の芳香物で、肉桂と呼ばれる。利用の歴史は古く、4000年前のエジプト人はすでに知っており、ヘブライ人は聖なる注ぎ油作りに用いたという。

料理や菓子作りのほか、生薬、香料として利用される。

シナモン属はインドから中国にかけての南アジア一帯に育つが、スリランカ、ミャンマー、インド、インドネシアに育つtrue cinnamon(学名Cinnamomum verum J.Presl)の樹皮(bark)が香辛料として品質が高く、生産量も抜群のスリランカ産がとくに有名。長年、産地が秘密にされてきたが、16世紀始めにポルトガルの航海者がスリランカで見つけて以後、欧州列強の利権争奪の元となった。

今では、西インド諸島、ブラジル、マダガスカルなどでも生産されている。樹皮を水蒸気蒸留、ときには水蒸留してCeylon cinnamon bark oilを得る。甘く、スパイシーな香りは、フレーバー用途のほかに、オリエンタル調香水をはじめ、多くのフレグランス製品の特徴を演出している。中国産シナモンはカッシア(cassia)(学名C.aromaticum Nees)と呼ばれ、樹皮は桂皮と呼び、薬用される。樹皮、葉、枝を水蒸気蒸留してCassia oilを得る。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

2013年秋号

オークモス植物でも動物でもない、菌類と藻類の共生体であるサルオガセの仲間の地衣類(lichens)からも天然香料が製造される。

中央および南ヨーロッパの山間に生育するブナ科ナラ(楢)属の植物(oak tree)の樹皮、枝皮に着生する地衣類の一種・ツノマタゴケ(学名Evernia prunastri (L.)Arch.)は、オークモス(oakmoss)と呼ばれ、これを採取し、湿らせた後、溶剤抽出して、天然香料のオークモス アブソュート(oakmoss absolute)を得る。

地衣類はその姿が蘚苔類(moss)に似ていることから、混同されてモスと呼ばれている。日本では、さらにオーク(楢)がライブオーク(樫)と混同され、オークモスを樫に着く苔と誤訳されている。オークモスアブソリュートは、Mitsouko、Miss Dior、Eau Sauvageなどのシープル調フレグランスの基本的構成要素として不可欠な香料である。また、フランス、スペイン、モロッコなどに生育するマツ、エゾマツなどの針葉樹に着生する地衣類のトリーモス(tree moss)(シダーモス cedarmossともいう)(学名:Evernia furfuracea、Usnea barbata など)からもトリーモス(シダーモス)アブソリュート(treemoss absolute)が得られ、Contradiction、Paco r pour hommeなどのフレグランスや石鹸用の香料調製に汎用される。

 

解説

にほひすと&かおりすと 吉原 正明

 

3 / 512345
第8回 日本フレグランス大賞 WEB投票 フレグランスノABC